0

Mac Pro 2009 のグラフィックボードを交換してみたよ。

自宅メインマシンは、中古で買ったMac Pro 2009。これのグラフィックボードを NVIDIA GT120からGTX680に付け替えたときのメモ。

○ネットでいろいろ成功例が紹介されていたことと、とりあえず1万円前後で中古品が手に入るようだったので、とりあえず、トラブっても時間はたっぷりあるゴールデンウィークに付け替えてみようと決意。

○グラフィックボードは、ネット検索では成功例があまり見当たらなかったけど、まぁ、GTX680だし、大丈夫だよね?と、「PALIT JETSTREAM (NE5X680H1042-1040J)」を1万円ほどで購入。

○補助電源コードは6ピン×1と8ピン×1が必要。グラフィックボードには、8ピンを6ピン×2に分岐するコードが付属。
MacPro用の補助電源コードを買っていなかったので、Amazonで「AD-DA™ Apple Mac Pro専用 グラフィックカード HG電源ケーブル」の標準タイプと2分配タイプを購入。

○とりあえず、Mac Pro にぶち込む。なんの問題もなく起動。

○そのままでは、起動時のアップルマークが出てこない・・・トラブル時の再起動の際に障害になるので、ROMを書き換えてEFIブートに対応させる。

→参考にしたサイト
「つまさぽ(妻のサポート):GTX680 の ROM を書き換えて、起動時のキーコンビネーションで呼び出す機能の画面を表示できるようにした。Mac Pro 2009」

○私がつまづいたところ。NVIDIA NVFlash のダウンロードの時、DOS版がどこか迷ったんだけど・・・

「Show more versions」をクリックすると、他の選択肢がでますん。

 

○参考サイトのとおり作業をすすめて、無事EFIブートができるようになりました。

○なお、システム機能拡張の「NVIDIA Driver Manager」がワコムタブレットのドライバのうち、一部の古いバージョンとコンフリクト起こすっぽい。というか、私のMac Pro がまさにそんな状態。「unable to open the nvidia driver manager」というエラーが表示されて、「NVIDIA Driver Manager」が起動できなくなりますん。
いま使っているワコムのタブレットは Intuos 3。そろそろ買い換えか(笑)

で、検索して参考になるサイトを発見。
「Hand to Mouse.(刹那日記):NVIDIA Driver for iMac」

まず、タブレットの古いドライバをアンインストーラーで削除。続いて、com.wacom.displayhelper.plist を探し出してこれも削除。
その後、ワコムのヨーロッパサイトから最新のドライバをダウンロード。無事コンフリクト解消でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


echo '