0

Mac Pro (2009) をMojave 10.14.4 にUpdateしたら不具合が発生したので、なんとか10.14.3に戻した話

うちの自宅デスクトップは、無理矢理ファームウェアを Mac Pro 2010 相当に書き換えた 2009 でして、今回トラブったので備忘録として書き込んでおく。とりあえず、私には原因が分からない(大汗)

MacOS Mojave 10.14.4 が出たので、さくっと Update したところ、2つの問題が発生。

1 スリープに入ったあと、強制再起動となる
エラーログには “pmLock waited too long” とあって、いろいろネットを彷徨ってみたけど、解決策になるような話題なし。

2 音楽再生時に、ブツブツと音が途切れてしまう
iTunesで再生したらブツブツと・・・。
これもネットを彷徨って設定ファイル捨てたり、キャッシュサイズを弄ってみたりしたけど、効果がなかった。だいたい、本体にダウンロードしていない楽曲や、クイックルックによる再生でも、ブツブツと途切れるのでiTunesのせいではないっぽい。

SMCリセットとかPRAMクリアとか、セーフモード立ち上げとか、マザーボードのボタン電池交換とか、一通りの考えられることはやってみたのですが症状は変わらずでした。

しかたない。10.14.3に戻すかぁ・・・と、Time Machine で戻そうとしたら、「てめぇのMacはMetalに対応していないので、戻せないんだよ!バーカバーカっ!」とか罵られる始末である。

これはマズい・・・。そんなわけで、バージョンを戻すとか後ろ向きではなく、前を向いてクリーンインストールする方法を!と、ネットを泳いでいると、次の記事を発見。

あ、そういえば、High Sierra 10.13.6にしてからインストールとかいうの、以前も聞いたような気がする・・・ということで、Mojave Patcher を使ってクリーンインストールしたのですが・・・

症状全くかわってないじゃないかーーー!手詰まり!

不具合をかかえたまま、10.14.5が出るのを待つのか・・・と、打ちひしがれかけたのですが、Mojave Patcharで作成したインストールディスクでもTime Machineからの復元が可能なので、これで制限回避できるのでは・・・と試したら、無事に10.14.3に戻すことができました。

そして、音楽再生のブチブチ音切れもなくなり、スリープしたら再起動しちゃうのもおさまりました。

ということで、原因は10.14.4でした。もう、うちのMac Pro 2009 は 10.14.3までしかアップデートできないのかもしれない。こいつでかなり遊ばせてもったけど、そろそろ中古2012を狙う必要がでてきたか(モジューラ構造の新型MacProとか、どう考えてもスタートが40万とか50万とかになりそうなので、そもそも買う気がしない・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


echo '